スワップ金利を積み重ねて10万円まで増やせるのか? | FX自動売買で稼ぐ方法

スワップ金利を積み重ねて10万円まで増やせるのか?

2012-02-10
CAT5

日本人の投資家には「スワップ好き」が多いと言われています。

「FX
のスワップポイントの金利を積み重ねて10万円まで増やせるか?」

結構こんなキャッチの書籍やブログなんかも多いですよね。
はい。私もスワップ投資が一時期、大好きでした(笑)


次のような条件で果たして10万まで増やせるのか?増やせる前にロスカットで取引終了になるのか?
その事について検証してみたいと思います。

保証金10万円
レバレッジ100
ポンド円を1Lot買う

…ぶっちゃけて言うと、個人的にはもう難しいと思います。
スワップ金利が狙えるのは、好景気が続くであろう、政策金利の上昇が見込める国の通貨です。
アメリから始まったサブプライムローン以降、世界的に景気が減速しているので、好景気が続く国はいまいち見つかりません。(ひょっとしたら私の知らないところであるのかもしれませんけど…)

南アフリカやトルコなど高金利を維持している国もあるのですが、インフレを抑えるために実施しているので、景気が悪くなればすぐに引き下げに移ってしまう可能性があります。なので、これらについて過剰な期待をしていても、思いっきり思惑が外れてしまう…という事もあります。

スワップ金利の利益は、1日あたり 1銭幅ですので、金利が上がる通貨でない限り通用しないです。
多少儲かっても、1日の大きな変動でパアになることも多々あります。

たとえば、今のような強烈な円高では、1ドル100円が75円レベルになってしまっていて、25%もその価値が目減りしている事になります。そう考えると、いかにオーストラリアドルや南アフリカランドが、いかに4~8%などの高金利だとしても、全くカヴァーできないレベルになります。

ですので「スワップに過剰な期待をする事」は禁物です。
以前は高金利通貨のジャンルだったGBPイギリスポンドについても、最近はかなり低金利になってしまっていますので、スワップ狙い通貨としては適当ではありません。

またイギリスポンドは、「悪魔の通貨」と呼ばれるので、安易に手を出すと痛い目にあうので要注意です。
ポンド円では1、2円の値幅で動くことが絶たあるので、レバレッジ100倍などにしておくと1日でロスカットもありえます。

少なくとも、レバレッジを10倍に下げ、一回の損失額を 5%に抑えたいところです。
FX投資は、毎回勝ちにいくのではなく、1勝9敗でもいいので、千載一遇のチャンスを生かすのが大事です。
でも、チャンスが巡ってきても資金が無ければ生かせません。

一度の失敗での大きな損失を防ぎ、チャンスを待つ忍耐力が必要です。

自分のトレードスタイルによっても、当然違いはあるわけですが、FX自動売買でのシステムトレードを考えている人間にとっては「スワップで少しでも利益を伸ばせれば…損失を補填できれば…」という考えなどは、絶対に持ってはいけない、甘い考えです。

私がFXをはじめた5年前くらいには、スワップ投資全盛期で、朝のスワップが付く時間の寸前にエントリーして、少しでも手数料の足しに…とというような事を言っているFX系の情報商材も結構ありました。しかし、今はもうそんな事を言っている時代ではなくなっていますよね(笑)

FX投資をするのにしても「時代の流れの変化に合わせて、自分の考えも柔軟に変えていく」という事が重要になってきます。
このあたりの考え方は、FX自動売買での投資をする場合でも同じです。
ひとつ調子の良かったシステムトレードが見つかったとしても、それがずっと続くわけではありませんし、そのシステムが、ライブドアショックやサブプライム問題の際などの極端に大きな変動があった際に、どうなるか…?というところまでは、そうそう実際に検証できる機会はありません。

なので、当たり前ですがロスカットの設定も大切ですし、ひとつのトレードスタイルに依存し続けない…という事も大切です。

これからFX自動売買を始める方は、ぜひこのあたりについてもしっかりと考えてみてくださいね!

 

Categories: FXについての疑問
« 前の記事
次の記事 »

 

記事一覧へ

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!