対円で値幅変動の大きい通貨 | FX自動売買で稼ぐ方法

対円で値幅変動の大きい通貨

2012-02-10
CAT4

多くの方はUSドルと円でFXを始めると思うのですが、慣れてくると値幅変動の大きい通貨が気になってくるところです。今回は、値幅変動の大きいのはどこかを考えてみましょう。

メジャー通貨で一番変動が多いのはポンドです。ご存知ですよね。
逆にマイナー通貨の豪ドルやNZドル、ランドなどを入れるとマイナーであればあるほど変動率は高くなっていきます。
時期によって大きく変わるのですが、基本的にはNZドルの方が変動が大きい傾向にあります。トルコリラやランドまで考えると、そっちの方が変動率が高いです。

例えばある期間の例ですが

  • ポンド最高値 244.04
    最安値 204.57
    最高値に対して16.17%下がる
  • 豪ドル最高値 107.79
    最安値 86.0
    最高値に対して20.21%下がる
  • NZドル最高値 92.18
    最安値 74.22
    最高値に対して19.47%下がる

対円で見るとポンドは他の通貨に比べて値段が高い為大きい変動に見えますが、実はマイナー通貨の方が変動率は高いです。上記の結果で見れば豪ドル・NZドルは2通貨以上買いポジションで、ポンドは1通貨買いポジションしかもてません。ココら辺をうまく見ていければ、効率的な資産運用ができるかもしれませんね。

なお、変動率の高いこれらの通貨では、FX会社も売買のタイミングなどが難しいせいか、スプレッドが大きくなり勝ちです。スプレッドも比率で考えないと、結構大きいなんて事もあるので注意してください。

・ポンドのスプレッドが9pips、ランドのスプレッドが2pipsの業者があるとする
・ポンドが200円、ランドが15円とする

ポンド1万通貨購入資金=13.333・・・万通貨
→同じ資金で運用するとポンドの合計スプレッド9×1 = 9pips
ランドの合計スプレッド2×13 = 26pips

とりあえず、基本として、メジャーではポンド。
マイナーではリラ、ランドです。

 

« 前の記事
次の記事 »

 

記事一覧へ

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!