相場急変同時のFX自動売買・システムトレードの心構え | FX自動売買で稼ぐ方法

相場急変同時のFX自動売買・システムトレードの心構え

2012-05-10
CAT81

FX自動売買・システムトレーダーは大事件でも慌てない!

 何か大きなイベントが起きるとFX相場は大きく荒れることがあります。雇用統計発表後や大手企業の破産・テロなどFX相場に大小の色んな波を引き起こします。2005年の12月中旬までは比較的FXでも儲けやすかったのですが、それまで上昇トレンドの通貨(米ドル、オセアニアなど)が大きく反転してしまい、この通貨のロングポジションをとっていた方の中には、短期間で損失を、しかもかなり大きなものを被ってしまった方もいます。

 私達のようなFX自動売買・システムトレードをしている場合、決まった売買システムのルールで運営しているのですが、相場に大きな変化があった場合に問題はないのでしょうか?

 答えはイエスでありノーでもあります。

FX自動売買・システムトレードにおいて相場の大きな変化が発生した時に問題となるのは、サインが遅れた結果、大きな損失を被ることでしょう。特に、ブレイクアウトモデル以外のテクニカル指標を利用したシステムモデルの場合は、平均値を用いためにこれを避ける事はできません。

では、運用中に相場が急変して大きな損失をかぶりそうな場合にはどうすればいいのでしょうか?

基本的に何もしません。なぜならば、バックテストを行う段階で、このような変動は織り込み済みとしているからです。もしくは、ポジションを長期間持たないようなシステムにすることで、急落などに対応するようにするのも方法としてはありです。

テロ等のように全く想定できないことに対して、損失を出す可能性はもちろんありますが、いくつかのタイプの売買システムでポートフォリオを組んでおくことで、大変動の事件でも利益を出すシステムもでてくるはずです。ポートフォリオごとにバックテストを行えば、確認できてくるようになります。

 それでも心配だ…という方であればポジションを減らした運用するようにするといいです。当然のことですが、ポジションを減らしてリスクを減らすということは、リターンを少なくすることになります。

 

« 前の記事
次の記事 »

 

記事一覧へ

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!