負け続けるFX自動売買ルールにがっかり。逆のポジションで取引したら… | FX自動売買で稼ぐ方法

負け続けるFX自動売買ルールにがっかり。逆のポジションで取引したら…

2012-03-14
CAT4

FX自動売買・システムトレードでの悩みに「サイン通りにやってマイナスばかり!逆にポジションをもったらどうでしょう?」と聞くことが、ちらほらあります。たしかにメタトレーダーやVTの自動売買ルールでも中々プロフィットファクターが高いルールを作るのは難しいですよね。

収益がマイナスになるようなら、サインと逆のポジションを持てば勝てるのでは?とは誰もが思うところですが、実際はどうでしょうか?

おそらくですが、売買ルールのロジックに優位性のないシステムであったならば逆のポジションで売買しても、スプレッド負けなどで、同じく右肩下がりの結果になってしまうのが通常です。

FX自動売買のシステムを使っていてマイナスになる原因として考えられるのが

  • 対応している相場が違っている・・・トレンド向きシステムをトレンドが無い時に使用
  • 対応している時間足が間違っている・・・長期、中期、短期
  • 通貨ペアの選択が間違っている
  • パラメータが間違っている
  • ポジション取りが間違っている
  • 決済自体が遅い

まずは、これらの事を見直してみるのが良いです。マイナスになるのが嫌であるなら、まずはデモトレードで、条件を変えて何度も検証してプラスに収支になる設定を探しましょう。

また、マイナスになり続けるのが、例外的な時期であるかもしれません。そこまで考慮に入れた売買ルールであるならば、信じてトレードすればいいですが…売買ルールのシステム自体がある特定の期間にカーブフィッティングされた欠陥品である可能性もあるのでマイナスが本当に続く場合は使用を辞めた方がいいかもしれませんね(^^;

 

※プロフィットファクター

投資用語でFX自動売買システムトレードにおいて、良し悪しを計る基準の1つ。値の算出は以下の計算で求められる。

 FX自動売買システムの獲得した総利益/そのシステムの失った総損失

プロフィットファクターが1よりも大きい場合は、システムの収支は黒字になる。逆に1よりも小さい場合は、システムの収支は赤字となる。具体的には、プロフィットファクターが2.0の時、2万円勝つためには1万円負けることになる。

 

 

« 前の記事
次の記事 »

 

記事一覧へ

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!