FXメタトレーダー入門 | FX自動売買で稼ぐ方法

FXメタトレーダー入門

2012-02-21

FX自動売買ロボット作成マニュアル】を読んで、メタトレーダーでのFX自動売買がなんとなくわかってきた頃に読み始めた本です。メタトレーダーをわからないなりに実際に操作し始めて、本書籍を読むと、かなりわかりやすいです。まさに入門書には最適です。

 

 

 

FXメタトレーダー入門

本書籍ではメタトレーダー4の初心者入門としてはお勧めです。なぜなら、前半の部分で「サイトURL」「ダウンロード・導入の仕方」「チャートの表示の仕方」など簡単な使い方も書かれているので、メタトレーダー4をまだインストールしていない方には安心して作業を進めれるようになります(その分、中級者には前半は当たり前すぎる内容です)。また、メタトレーダーで可能なこともまとめられているので、自分で何を開発したいのかを具体的なイメージが出来てくるはずです。

 

FXメタトレーダー入門は入門書として最適か?

入門書となっていますが、プログラム初心者の方にはちょっと難しいかもしれません。ある程度のプログラム予備知識を準備して読み始めるのがベストだと思います。後半のサンプルプログラムが若干まどろっこしい(私がお馬鹿なだけ?)感じがしたり、もう少し深い内容があってもいいのかな…と思ったりしました。

 

ただ、全くの初心者には難しい内容かもしれませんが、メタトレーダーを利用してのFX自動売買を目的とする人にとっては「プログラミング」の学習は必須になります。著者はどうやら大学でプログラミングを教えている方のようなので、自動売買のプログラミング方法が分かりやすく載っていて、プログラミングの学習書としては最適だと考えています。私でも理解できましたしね(^^;

このようなことから初心者から中級者が読む書籍だと考えています。
私がこの書籍を読み始めた時には既ににメタトレーダーをチャートとして利用し自分のEAを組み上げたいと思っていたので、書籍の後半から非常に役に立ちました。日本語で組み込み関数のリファレンスが一覧できるので、他人が作ったEAの内容を見て分からなくなった時に、リファレンスを見直すと答えが載っていたりするので非常に重宝しています。メタトレーダーで自動売買する時には必ずパソコンの横に置いている必須の書となっています。

ちなみに、FXについての解説はほぼ載っていません。それは他の書籍で十分勉強してきていると思うので不要と思いますがね(^^;

より実践的な内容を学びたい方は同じ著者の【FXメタトレーダー実戦プログラミング】がお勧めです。

紹介書籍:パンローリング 「FXメタトレーダー入門」(豊嶋久道著)

 

« 前の記事
次の記事 »

 

記事一覧へ

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!