Fxについての疑問:FX自動売買で稼ぐ方法

【FXについての疑問】 のカテゴリー記事

システムトレードとは、自動的に売買してくれること?

2012-04-15
CAT5

システムトレードと聞くと、プログラム=自動でFXの売買にいたるまでを全部やってくれそう!というトレード手法のイメージがありますが、実際のシステムトレードとは、「FX取引の裁量をすべて排除して、予め決めた売買ルールに従って機械の用意トレードしていくトレード手法」です。

つまり、必ずしもプログラムで自動化することをさすわけではないのです。身近なものでシステムトレードを行いたい場合は、エクセルなどを利用することで、十分システムトレーダーとしてやっていくことは可能です(もちろん、売買ルールを作らなくてはいけませんが)

FX初心者・システムトレード初心者は間違いなく勘違いするポイントですね(^^;

 

本来、金融マーケット自体は、政治経済の要因や需給要因を含んでいるので、価格の変動だけで予測できるわけではないのですが、価格の変動はバイアスと呼ばれる偏りがあることが価格の変動を観測することでわかってきます。これを利用することでテクニカルトレードが生まれてきたわけです。

そこに、コンピューターという技術が発達し、さらに安く提供されることによって、簡単に自分で作った売買ルールを過去データで検証できるようになってきたのです。よって、コンピューター上で自動的に売買ルールに従うシグナルがチェックできるようになったので「システムトレード」と呼ばれるようになってきたのです。

 

 

デイトレードとシステムトレードの違いは?

2012-04-06
CAT5

タイトルのように「デイトレードとシステムトレードの違い」を質問をされたことがあります。初心者の方でしたが、まさかの質問でした(^^;

 デイトレードはその名の通りですが、日ごとのトレードです。売買したポジションを日をまたがずに、その日のうちに決済してしまいます。ただし人によって売買のタイミングはことなります。一定額儲けたらクローズにする人もいれば、終値でクローズする人もいます。

もう一方のシステムトレードは、当サイトでも何度も出てきていますが、テクニカル指標などに基づいた一定の売買ルールでFX取引をすることです。5日移動平均線と21日移動平均線のクロスで売買などが単純な売買ルールから、ダマシを排除するために、複数のテクニカル指標を用いた売買ルールを設定したりします。人間の欲に惑わされず、一定のルールに従うことで利益を上げていきます(過去データの検証が必須)

 デイトレードとシステムトレードはあまり比較するものではありませんね(^^;

1日だけポジションを持つデイトレードと比較するなら、数日間ポジションを持つスイングトレード、数週間から数ヶ月にまたがるポジショントレードなどです。

 システムトレードとの比較するなら裁量トレードでしょうね。

システムトレードは決まった売買ルールに従い取引をすることに対して、裁量トレードは自分の勘や直感・経験などを頼りに、その場その場でトレードしていく取引スタイルです。

ちなみに、FX自動売買はシステムトレードを自動化することです。システムトレードのルールに従って自動で売買してしまうことです。メタトレーダーというソフトで自動売買プログラムを組み上げて行います。

 

 

初心者だとシステムトレードではあまり儲からないですか?

2012-03-22
CAT5

よく質問で「初心者だとシステムトレードでは儲からない?」と聞かれるのですが、実は初心者だからこそして欲しいのがシステムトレードだったりします。

システムトレードというのは売買ルールを一度決めたらそれに従って淡々と取引をしていきます。この売買ルールも適当に決めたものではなく、テクニカル分析と過去のデータを元に検証を重ねた利益の出る売買ルールを作り上げるので、売買ルールがしっかりしていれば初心者に非常に向いています。

初心者の方がFXで何故負けるかというと、ついつい欲がでてしまうからです。利益が出始めると「あと少し待てばもっと利益がでる…」と思い込み利確するタイミングを失ってしまう。もしくは、含み損が出た時に、損切りができず「待っていればきっと持ち直す…」と思っていると含み損が増えていきロスカットなどで資金がなくなってしまうことが多いからです。これらの欲に従わず、過去のデータでしっかり利益が出ることを検証した売買ルールに従うことを学べるシステムトレードは、初心者トレーダーの方にはFXのやり方を学べる『先生』とも言えます。

ぜひシステムトレードの書籍を読むなどしてチャレンジしてみることをオススメします。売買ルールを作れるようになったら、それを自動化してFXの自動売買を始めても面白いかもしれませんね。

ちなみにですが、システムトレードやFX自動売買と対になる取引スタイルに自分の勘と経験を頼りに行う裁量トレードがありますが、どちらのやり方でも利益を出している人は「最低限の売買ルール」言い換えれば自分の中での「勝つためのルール」を決めて実行しています。ルールを守ることは大切ということです。

 

 

システムトレードってどうなんですか?個人でもできるのか?

2012-03-20
CAT5

 

おさらいですが、「システムトレード」というのはある一定の売買ルールを作成した後、どんな時もその売買ルールに従ってトレードをしていく取引方法のことです。大手の金融機関でもチームを作り、独自の売買ルールをシステムに仕上げて売買に利用する事は決して珍しいことではないようです。また、個人であってもテクニカル指標やプログラミングを勉強して、独自に売買ルールを作って運用している方も沢山います。

システムトレードに向いている人は感情に負けてしまい売買ルールを守れないトレーダーの方に向いています(私なんかその典型でした)。初心者のトレーダーの方はほとんど当てはまると思いますが。

売買ルールを複雑にすれば良いという訳でもなくシンプルな方が良い結果が出ることも少なくないです。売買ルールは頭の中でいくつでも作ることができ、『試作→過去データで検証(バックテスト)→現在のデータで検証(フォワードテスト)→実際にトレード」の流れで作っていくことになります。実際にトレード出来るようになるには10個作って1個ほどと簡単ではありませんし、毎月利益がでる訳でもないです。ですが、いくつかの売買ルールを動かしていると、ポートフォリオとなり、全体で安定した利益を生み出せるようになります。

 

注意したいのが相場が変化することですね。過去何年も利益が出ていたのに突然損失が続くことがありますが、その時はシステムの寿命が尽きたと考えれるかもしれません。使い続けるには改良などをしていく必要があります。改良するか使わないかは、自分の裁量・判断によることになりますね。

 

また、システムトレード=FX自動売買という訳ではないです。自分で作ったシステムトレードの売買ルールをメタトレーダーなどのソフトでプログラムに反映させて、シグナルが出た時に売買できるよう制御するのがFX自動売買です。こちらの方も時間があればぜひ挑戦してみると面白いですよ。

 

当サイトでも私が勉強に使った書籍を紹介しているので参考にしてもらえると嬉しいです^^

 

 

FX自動売買・システムトレードと裁量トレードの長所・短所

2012-03-19
CAT5

『FX自動売買・システムトレードと裁量トレードはどちらが有利ですか?』と聞かれることがありますが、当然のごとく一長一短であり、トレードをする人の求めるFXスタイルによって違うと思いますが、よく質問されるので長所・短所について書いてみました。

 

FX自動売買・システムトレード

FX自動売買・システムトレードの長所・利点

ある意味、何も考えずFXトレードができる。別の仕事をしていてもトレードが行われるので新しいキャッシュポイントとしてお金を稼いでくれる。

また、売買ルールを考えだしている段階で目標リターンや最大リスクなどを見積もっているので利益を計算もしやすい。過去セミナー・フォワードテストでしっかり検証していれば安定的なトレードができる。

 FX自動売買・システムトレードの短所・欠点

 莫大な利益を築くには難しい(大量の資金があれば可能かも)。大勝を狙うとリスクが多くなるので、安定して的確に資産を増やすように売買ルールを作っている傾向が高いため。安定している分、期待値以上のリターンを得れない。

また、本格的なFX自動売買をしようとするならプログラムの習得に書籍を何冊か読む時間と努力が必要。下記に私のサイトで紹介している書籍をいくつか紹介しておきます。

 

 

 裁量トレード

裁量トレードの長所・利点

 FX自動売買・システムトレードでは反映させることができない、トレーダーの経験や相場勘も取り入れた柔軟な対応で莫大な利益をを得れる可能性がある。ニュースなどの将来の予測からシグナルがなくてもポジションを取ることができるのでFX自動売買などで取りこぼすかもしれないリターンを拾っていける。

裁量トレードの長所・欠点

相場の勘などは一朝一夕で得れるものでなく、考えてトレードしてきた結果が身についたものなので、簡単に利益を上げれるようにはなりにくい。

また、売買に自分の感情が大きく影響することです。まだ利益がでるかも…と欲がでてしまって利食いしそこねたり、含み損が増えているのに損切りできないなど恐怖心と戦うことになります。

 

どれを使っていくかは、その人の求めるトレードスタイルによります。矛盾していることを言うかもしれませんが、結果の出している裁量トレーダーの人は明確な売買ルールを決めており、それに厳格に従いながらも柔軟な対応をとっています。なので、まずはシステムトレードなどでルールに従った売買ができるようになることをオススメしています。

詳細はこちら:勝てる人に矯正してくれるFX自動売買・システムトレード

 

 

FX口座開設の審査で無職だと断られる?

2012-02-24
CAT5

どこのFX会社でも口座開設を申し込む時に必ず審査という形で職業や資産とか質問事項にありますが、無職や主婦だと断られやすいのでしょうか?

という事を質問されたことがあるのですが、例え無職であっても、過去に自己破産をしてても、多少の資金を持っていれば問題なく口座を開設できます。そもそもFXは完全前金制で、証拠金の分しか取引できないですからね(たまにマイナスになることもありますが。)

私の知り合いでは無職でも、FX会社の口座を10個以上開設していました。使い心地とキャッシュバック狙いといっていましたが(^^;
このような事例があるので、無職でも大丈夫です。

ただ、業者によっては審査が通りにくいこともあります。

通りやすい

  • FXプライム
  • 外為どっとコム
  • マネーパートナーズ
  • サイバーエージェント
通りにくい

  • MJ
  • バンタレイ
  • 外為オンライン
  • FXブロードネット

 

もちろん、年齢制限による開設不可は厳格にチェックされているはずです。20歳未満はダメですし、65歳以上となると「要面談」の会社もあります。

投資経験があるとしておくと開設しやすいと言われていますが、実際に資産や投資経験を調べ上げられるといった事は無いでしょうが、あまり大幅な水増し申告などは控えましょうね(^^;

 

 

FX自動売買業者ってどうやって利益を出しているか知ってますか?

2012-02-20
CAT5

今回はちょっとFX自動売買のソフトを外れて、業者の裏話を…

巷に色んなFX自動売買のソフトを扱っている業者などがいますが、この会社はどうやって利益を出しているか……だって、「自分たちでソフト使って儲ければ良い」と思うじゃないですか。本当に儲かるなら1万~5万円でソフトなんて売らないだろ…って。

確かにFX自動売買ソフトの会社や業者さんは、ソフト代金の売上も儲けとしていますが、もう1つ重要なキャッシュポイントを作っているんですね。

それはIB(introduce broker)と言われており、ソフト会社から海外口座の方に人を紹介すると、お客さんが何ロット取引したらスプレッドで儲けを少し分けてもらえる、還元しますよというビジネス契約を結んでいたりするんですね。おそらく何%もしくは1pipsとかですね。

なので、FX自動売買のソフト会社の方で「こちらの口座が良いですよー」と紹介されていたりします。
だからFX自動売買のソフト会社の方も、お客さんに長く使ってもらえば利益が出るので、利益が出るようなソフトを頑張って開発しているのです。海外口座もシステムをダウンしないようにシステム強化などで安心して使ってもらえるように励むわけです。

つまり、FX自動売買会社は売るというタイプの収入と売上実績に応じた報酬、2種類の収入を得るために良質の自動売買ソフトを作ろうと頑張っているのです。

もちろん、中にはあまり価値のない(儲けれない)ソフトを大量に売りさばいて、逃げていくという悪徳業者も存在するのです。そこら辺をしっかり見分ける必要があります。

 

 

自分の考えと逆に動くFXのカラクリ

2012-02-19
CAT5

いつも売れば上がり、買えば下がるような気がするFX。そう思って逆のトレードでやってもやはり同じ値動き…ストップを設けると、必ずそこまで値が戻され、ストップをすくった後直ぐに値が反転する。ストップを設けない時には、ドンドン反落してしていく…まるでマーケットが自分の建玉に対して常に反対売買をしかけてきている、そんな気がしてしまいます。

FXって実はFX証券会社内で操作されて、上下の値動きが作られていると考えてみたくなりませんか?
それで儲けてるんじゃ…!?

などと考えてる人って結構いるんじゃないですか?
僕も最初はそう思っていたんですけど、自分が使っている以外のFX会社、全てのチャートを見ても同じ動きをしているんですよね。僕の売買をしらない会社も同じ動きをしている。
やはり操作はされていないんだなーと思う瞬間です。大衆心理に飲み込まれて、そう感じているだけなんでしょうね。
会社によって多少滑らせるということはあると思いますが、ついつい儲からないと他人のせいにしたくなりますからね(^^;

そういう意味ではシステムトレードやFX自動売買は便利ですね。気分や感情で売買するのではなく、決められたプログラムに従って、統計に沿った行動をしていくので勝ちやすいですからね。
色々検討してみるといいですよ。

 

 

大学生はFXの口座開設はできない?

2012-02-19
CAT5

大学生でもFXをしてみたいという人は結構います。学生で申し込んだ人の中にはFX会社から「貴意に沿いかねる結果になりました」と断られる方もいるそうです。

 

 

会社によって様々ですが、口座開設はほとんどがコンピューターが受付を判断するので、何回かトライすると受け付けてもらえるかもしれません。
だめな理由は収入などが原因と思われます。口座開設時のアンケートで年収を少し多く申告すると口座開設できる…かも?
最近では少なくなったかもしれませんが、ハイレバレッジでFXを実践し、価格の急変で保証金以上のマイナスになったにも関わらず、お金を払わず、回収できないケースがあったようなので、会社側も警戒している事があり得るのです。ものの本によれば学生は危険な冒険を犯しがちとあったので、職業を学生とすると会社側に警戒されてしまうかもしれません。ひょっとしたら、会社によっては独自のルールで学生不可としているのかもしれません。

経験なし・学生・安定収入なしだと断るFX会社もあると思いますが、OKなFX会社もあると思うので、根気よく登録してみるしかないですね。
ただ、信頼・安心できる会社じゃないと、システムが動かない、お金持ち逃げが…ないともいえないので注意しましょう!

 

 

FXのチャートにどうして押し目や戻り、レンジが出来るのか?

2012-02-17
CAT5

FXのチャートを見てると押し目や戻りができているのがわかりますが…どうしてそういった現象が起こるのか知っていますか?

FX会社などが提供しているチャートを見るとわかりますが、FXも株式相場と同じく押し目や戻りで取引量や出来高が増えています。市場参加者の多くはなんらかのテクニカル分析を行い、前もって決めておいた押し目や戻りを想定した上でトレードをしています。

投資家は利益を最大限追求するために、一番効率のいいタイミングをあれこれ考えなければなりません。その為にテクニカル分析を使って目標値割り出しています。目標値に近づくと反対の売買を準備します。実際の相場には自分以外にも多数の投資家が同じような考えでチャートを見続けています。

買っていた通貨が目標値に達すると安値から買っていた投資家は売り出し始めます。特に大量に買う機関投資家は反対売買に時間をかけます。一度に大量の売りを実行すると、急に相場が下がってしまいますので価格が下がらないように徐々にで売りを行います。

同じ事を他の投資家も考え、実行し始めますので徐々に売り気配が漂い始めます。やがて、売りの傾向が買いよりも多くなると、我先にと売り急ぐので急激に値下がりします

ある程度下がると、割安感から今度は買いが始まります。先ほどの安値よりも高い水準で下げ止まり反転すれば「押し目」になってきます。安値が切り上がってトレンドが上昇中であることが、大勢に認識され始めると再び上昇し始めます。上昇トレンドが続く中でコレを繰り返すのです。
戻りも考えは同じで、下降トレンドノ中で上記と反対のメカニズムが動きます。

逆にレンジ相場ではどちらか一方へのトレンド方向感が無い状態です。買っていた通貨が前の高値を超えることができず、売りを仕掛けたが前の安値に近づくと買戻しが入る。儲けようとする投資家はこの先、利益が出せない通貨のポジションを整理しようとしますが、売り買いが交錯して前回の高値や安値を意識した売買が続きます。このためレンジ相場が続くのです。

ざっくりですが、これが以上は一般論です。
他にも色んな要因があるので、調べてみると面白いですよ(^^)

 

 

« Older Entries

 


Copyright FX自動売買で稼ぐ方法 All Rights Reserved.
FX自動売買で稼ぐための実録・実戦情報サイトです。FXシステムトレードでシステマチックに勝つために必要な心がけ、
システムの選び方などを紹介していきます。FX歴5年目より、裁量トレードからシステムトレーダーに転身した管理人ならではの、
専業トレーダーでない人間でもFXで勝ち続けるためのノウハウを伝授します!